マンションはオーダーメイドで間取りを自由に決められる?

オーダーメイドマンションを知っていますか?今まで、一戸建てを建築するに当たって、注文住宅(オーダーメイド住宅)にするご家庭は少なくないと思いますが、入居者ごとのライフスタイルに合わせたオーダーができるマンションは一戸建てほどあまり知られていないのかもしれません。自分好みの間取りや設備を決めて、理想の空間づくりを楽しみたい方は是非参考にしてみてください。楽しみながら自宅を理想の空間にしちゃいましょう。

オーダーメイドマンションとは

オーダーメイドマンションとは、マンション購入者がさまざまな項目を自由に選べるマンションのことを言います。例えば、内装のデザインや設備、仕様や間取りなど、かなり広範囲にわたって決定することが可能です。デベロッパーなどの専任のコーディネーターと話し合いを行い、理想のマンション住宅を作っていきます。

広範囲にわたってさまざまな項目を決定できると言っても、決められる範囲は種類によって違います。フルオーダータイプと呼ばれる、部屋の配置から水回りの位置までほぼ全ての項目を決められるものや、一部の間取りを決めることのできるセミオーダータイプ、壁紙などの内装を変更できるプランオーダータイプなど購入者の希望や状況に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、一戸建て住宅とは違い、どのマンションでもオーダーメイドができる訳ではありません。現在のオーダーメイドマンションのほとんどが設計段階から戸数を決められて建設されますので、購入の際には必ず確認をするようにしてください。

自分好みの間取りにするメリット

マンションをオーダーメイドにして希望通りの間取りにすることにどのようなメリットがあるのでしょうか。通常の分譲マンションでも賃貸マンションでもある程度自分の希望に近い間取りの物件を選ぶことはできます。しかし、完全に希望の間取りと一致するということはなかなか難しいのではないでしょうか。理想に近い間取りで納得ができる場合はそれで良いのですが、こだわりが強い方にはオーダーメイドマンションのほうがおすすめです。

自分で間取りを決められるということは、自分や家族だけの生活しやすい空間を作ることができるということです。分譲の場合、そのマンションで長く暮らしていくケースがほとんどだと思いますので、リラックスできる空間づくりがとても重要なことになります。自宅で過ごす時間にこだわりたいという方は、是非自分好みの間取りを作ってみてください。ただし、間取りは簡単に変えられるものではないので、失敗しないように慎重に考えましょう。

どのくらいの自由度があるのか

先ほども説明した通り、一言にオーダーメイドマンションと言っても複数の種類があります。主にフルオーダータイプ、セミオーダータイプ、プランオーダータイプが主流です。どのタイプのマンションを選択するかによって自由度も変わります。通常の分譲マンションは、間取りや設備などはほぼ決められている状態で売り出されますので、どのタイプを選んでも通常のものよりは自由度が高いのは確かです。

やはり一番自由度が高いのはフルオーダータイプのもので、間取りから設備までほぼ全てのものを決めることができます。まさに自分だけの理想の空間を作ることが可能です。次に自由度が高いのはセミオーダータイプで、一部の間取りや設備を変更することができます。一部だけにこだわりたいという方にはセミオーダータイプがおすすめです。最後にプランオーダータイプですが、こちらは主に内装のデザインにこだわりたい方向けとなっています。

どんな部分にこだわりたいのかによって選択するタイプは違うと思いますので、自分や家族がどんなマンションに住みたいのかをしっかりと話し合ってどのタイプのマンションにするのかを決めてください。

まとめ

自分や家族が長く過ごす空間は、自分たちで作るという方が多くなってきています。それは一戸建てだけではなく、マンションでも同様です。購入者が思い描く理想の空間や間取りを作ることが、マンションでもできるというのがオーダーメイドマンションです。もちろん、メリットだけではありません。特にフルオーダーの場合は知識も必要になり、失敗することも考えなければいけません。

それだけの手間をかけてでもこだわりたいものがあるのであれば、こだわりぬく価値は充分にあるものだと思います。慎重に行わなければいけませんが、譲れないものを大切にしたマンションを手に入れてください。

TOPへ戻る