注文住宅|セミオーダーとフルオーダーの違い

注文住宅で家を建てる場合、夢や理想を思い描きますよね。安い買い物ではないので、自分や家族の満足のいく家を建てたいと思うのは当然のことです。しかし、一言に注文住宅と言ってもフルオーダーとセミオーダーがあり、依頼者の状況や理想によってどちらを選択すれば良いのかも変わります。今回は、この2種類の注文住宅を比較してまとめてみましたので、後悔しない家づくりの参考にしてみてください。

フルオーダー住宅とは

フルオーダー住宅は、注文住宅の1つで、新築で建てられる家のほぼ全ての項目を、依頼者が指定し、その指示に従って建設されます。使用される木材や断熱材の指定から窓の種類までを依頼者が決めることが出来るので、思い通りの理想の家を手に入れたい方にぴったりです。しかし、思い通りの住宅が作れる反面、気を付けなければいけない点もありますので、注意しましょう。

フルオーダーのメリット

やはりフルオーダー住宅の一番大きなメリットは、自由度が高いことではないでしょうか。世界に1つだけの自分や家族のための住宅を、自由に設計することができます。長く住み続けるためには、こだわりや希望を詰め込み、更に使い勝手の良い理想の家にすることが出来ます。

フルオーダーのデメリット

思い通りの家を作ることができる大きなメリットがある一方で、デメリットと言える部分もあります。フルオーダー住宅は全ての項目を指定することができますので、セミオーダー住宅や建売住宅に比べて時間もお金もかかります。加えて、住宅としての生活しやすい機能を保つためには専門の知識が必要となりますので、フルオーダー住宅にする際には総合的に考えるようにしましょう。

セミオーダー住宅とは

セミオーダー住宅も、フルオーダー住宅と同じく注文住宅の1つです。違う点は、フルオーダー住宅はほぼ全ての項目を依頼者が決めるのに対し、セミオーダー住宅は住宅の基本的な部分はあらかじめ決められています。あらかじめ決まっていること以外の、間取りや住宅設備、外壁の色などを依頼者が決めていきます。建築会社などで注文住宅という時は、ほとんどの場合がセミオーダー住宅を指していると思ってください。

セミオーダーのメリット

フルオーダーの場合は、住宅に関する専門の知識がないとなかなか全てを決めることは難しいのですが、セミオーダーの場合は専門の知識はほとんど必要ありません。決められた中で住宅設備の色や間取りなど、部屋や家の雰囲気を決めることができます。また、基本的な部分は決められていますので、資金もフルオーダーほどかかりません

セミオーダーのデメリット

決められた中で、ある程度家や部屋の雰囲気を決めることはできますが、細かいところまでは決められませんので、その部分は妥協するしかありません。自由度の高さから言うと、フルオーダー住宅には劣ってしまいます。

どちらを選べばいい?

注文住宅のフルオーダー住宅とセミオーダー住宅の違いは、なんとなくわかってもらえたかと思いますが、ではどちらを選べば良いのでしょうか?依頼者の環境や希望などにもよりますが、もし迷ったら両者を比較して検討してみてください。どちらのほうが良いというものではありませんので、自分の状況に合わせて選択しましょう。決して安い買い物ではありませんので、慎重に考えて選んでください。

フルオーダーが良いケース

フルオーダー住宅を選択したほうが良いケースは、これから建築する住宅に譲れない大きなこだわりがある場合ではないでしょうか。セミオーダーや建売住宅では叶えられないようなこだわりを持っている方はフルオーダーをおすすめします。ただし、他よりも手間も費用もかかりますし、専門知識も必要になりますので、注意してください。

セミオーダーが良いケース

セミオーダー住宅は、理想の家に近いものを建築したいけれど、専門知識もなく手間も費用もあまりかけたくない、もしくはかけられない方におすすめです。建売住宅よりは自由度が高く、色や間取りなどの家の雰囲気を決めることができます。フルオーダーよりも手軽に理想に近づけることが出来ます。

まとめ

フルオーダー住宅とセミオーダー住宅を比較してまとめてみました。理想の家を建てたいばかりに、あまり専門知識のないままフルオーダーにしてしまい、住み心地が良くない家になってしまったケースや、反対にさまざまな点を妥協してセミオーダーにして後悔してしまったなどの話を耳にすることがあります。

どちらが良いというものではありませんので、どのような家にしたいのかを家族でじっくり話合いましょう。その上で、注文住宅にするのか、建売住宅にするのか、注文住宅の場合はフルオーダーなのかセミオーダーなのか慌てずに決めていってください。

TOPへ戻る