オーダーメイド住宅で希望を叶えるためのポイント

自分や一緒に住む家族のための理想の家づくりのために、希望を取り入れやすいのがオーダーメイド住宅です。しかし、希望だけを盛り込むのではなく、さまざまな方面から考えていかないと、家づくりは成立しません。理想を現実にするためのポイントを理解していないと、失敗へと繋がりやすくなってしまいます。そこで今回は、希望を叶えるために考えなければいけないことを簡単に解説していきますので、理想の家づくりに役立ててください。

予算

オーダーメイド住宅はほとんどの場合、建売住宅よりも予算がかかってしまいます。せっかくオーダーメイドするのだから、自分のこだわりを妥協せずに実現したいですよね。しかし、予算は無限ではありません。では、予算オーバーとならないために、こだわりを保ちながら妥協しすぎずにコストダウンできるのでしょうか?

せっかく自分の理想を実現できるオーダーメイド住宅を建てるのだから、こだわりたいのが普通です。でも、そのこだわりを全て実現してしまうと、大幅に予算オーバーとなってしまう時には、譲れる部分と譲れない部分を家族や住宅メーカーの方と話し合って決めてください。どうしても譲れない部分を省いてしまってはオーダーメイドにした意味がなくなってしまうので、そこはよく考えましょう。

間取り

オーダーメイド住宅を建てるに当たって、間取りを決めることはワクワクすることの一つだと思います。オーダーメイドの醍醐味でもありますよね。その反面、自分や家族の生活にとって間取りはとても重要ですし、建ててしまった後からでは簡単に変更することはできないので、大きな失敗をするわけにはいきません。

まず、一番ありがちなのが、オシャレな間取りにしようとして失敗してしまう例です。見た目はオシャレでスタイリッシュでも使い勝手の悪い間取りは後々後悔することが多く、よく考えなければいけません。見た目を重視したものの、掃除がしづらかったり、階段を上がるのが大変だったりしてしまいます。特にお年寄りのいらっしゃる家庭は、階段などはよく考えてあげてください。

設備

新築の住宅でこれから長く暮らしていくのにどのような設備が欠かせないものなのかをよく考えてみましょう。オーダーメイド住宅ですので、どの設備を取り入れて、どれを省くのかは比較的自由です。各ご家庭の状況やライフスタイルに合わせて生活のしやすい設備を充実させてください。

玄関やキッチン、浴室・洗面所、トイレなど場所や機能ごとにあったほうが良いと思う設備を考えていくと良いと思います。もちろん、なくても良いものを省く作業も忘れずに行ってくださいね。実は省ける設備はけっこうあるものです。いらない設備を取り入れて予算オーバーにならないようにしましょう。

外構

間取りや設備などはこだわって失敗のないようにしたのに、外溝は漠然と考えてしまい、失敗してしまったという声は少なくありません。オーダーメイド住宅で、家の中についてはしっかりと細部までこだわった分、外溝は忘れてしまいがちですが、ここもしっかりと考えないと使い勝手の悪い家になってしまいます。

例えば、駐車スペースや駐輪スペースです。自家用車が何台あって、どのくらいのスペースが必要なのかなどをしっかりと把握し、駐車や発車がしやすい設計をするようにしましょう。駐車スペースを考えていると、駐輪スペースのことを忘れてしまいがちなのですが、主婦や学生などにとって駐輪スペースは大切ですので、忘れないように注意してください。

業者

理想のオーダーメイド住宅を建てるために重要なのが、業者選びです。住宅メーカーさんは家づくりの大切なパートナーとなりますので、慎重に決めてください。業者によって得意とする工法や間取りが違ってきますので、どのような家にしたいかをよく考えて、それに合った業者選びをしましょう。

業者選びをする際には、一社だけに決めずに複数社から話を聞いてください。さまざまな方面で比較検討することが大切です。また、その時の対応などもしっかりと見ておくと良いと思います。せっかくのオーダーメイドですので、自由に要望や意見を言えるような業者を選ぶようにしてください。

まとめ

さまざまな角度から家づくりを見てみました。一言に家づくりと言っても、自分や家族の理想を全て入れるのはなかなか難しいことです。できるだけ理想に近づけるためにはどんなことを考えれば良いのかをあらかじめリストアップしておきましょう。

特にオーダーメイド住宅は自由度が高い分、自分たちで考えなくていけないことや決めなくてはいけないことが多いので、失敗しないためのポイントを把握しておくと良いと思います。大きな買い物だからこそ、慎重に進めていっていくださいね。

TOPへ戻る