吉祥寺で家を建てるならどこに依頼すべき?

大人気エリアの吉祥寺でマイホームをもつには、小さな土地でもかなりの値段がすることは覚悟しなければいけなく、購入費用を抑えるためにも、理想の家を建ててもらうためにも、施工をどこに依頼するかはとても大きな問題です。

ここでは、憧れの吉祥寺で家を建てる方のための業者選びのポイントや、家を建てる前に準備すべきことなどを詳しく調査し紹介しているので、是非参考にしてください。

家を建てる前の準備

吉祥寺に住むことを決めたとしても、はじめて家を建てる場合は、何から手をつけていいか分からないという方が多いことかと思われます。

家は一生の中で最も高額な買い物になるケースが大半で、二度目はほとんど訪れないので、はじめてだからといって一切の妥協は許されません。理想の家を建てるにあたり、できることはすべて行う気構えをもって行動に移さなければいけません。

まずは条件整理を

家を建てるために何からはじめていいか分からなくても、マイホームをもつにあたって、誰でも思い描いている希望はあると思います。家族がいる場合は、それぞれにいろいろな要望があるはずなので、まずは一人ひとりの条件を整理することからはじめましょう。

このときには、紙に各自の希望を書き出してみることがおすすめで、絶対に譲れない事項順に優先順位をつけましょう。そうすることにより、その後の土地探しや施工業者選びなどを行う際に役立つことになり、家が建った後の失敗の回避にもつながります。

家の間取りやデザインをイメージする

家の間取りやデザインをイメージすることは、土地選びにおいても重要なポイントとなります。

あらかじめ家の大きさと間取りが決まっていれば、土地選びで間違う可能性も低くなります。とくに坪単価が高い人気の吉祥寺では、予算に合わせてギリギリの大きさで土地選びをしなればいけなくなるケースも多くみられます。

素人が、家の間取りやデザインをイメージすることは難しいので、できるだけ多くの見本を集めましょう。住宅雑誌住宅展示場などを利用すれば、見本をたくさん集めることができます。

家を建てるための土地選びは慎重に

家の大きさや間取りを決めれば、それに必要な土地の大きさを知ることができます。潤沢な資金があるなら、広い庭も手に入れることができますが、予算が限られている場合は、建築費用を差し引いた範囲内で購入する土地を決めなければいけません。

これから長く住む場所を決めるときには、土地の価格だけではなく、駅からの距離や通勤や通学や買い物の利便性、銀行や郵便局や病院などの公共機関の有無なども調べて、何が自分たちに必要なのかをしっかり考えて、それをまとめて地元の不動産会社などにも相談して、ベストな土地を見つけましょう。

綿密な資金計画を立てよう

マイホームをもつときに、最も重要になるのが資金です。土地代と建築費以外にも、家を建てるときには住宅ローンの手数料や不動産会社への仲介手数料や保険料などのいろいろな諸経費や、引越し代や家財道具やカーテンなどを購入するために多額な費用がかかります。

自己資金がいくらあるかによっても、借入できる住宅ローンの額は変わってきますし、家を建てるときに貯金をすべて使ってしまうと、万一にときに住宅ローンの返済ができなくなるなどの事態を引き起こすことも考えられるので、ある程度の資金を残して計画を実行しなければいけません。

家族が増えるなどの、今後のライフスタイルの変化もきちんと予測して、無理のない返済計画を立てましょう。

業者選びのポイント

吉祥寺家業者

家を建てるにあたり、どこの業者に依頼するかはとても大きなポイントです。大手ハウメーカー、地元のハウスメーカー、工務店、建設会社、設計事務所、リフォーム会社など、施工会社にはいろいろな種類があります。

大手ハウスメーカーは信頼度が高く、工務店や地元のハウスメーカーや建設会社は地域密着型なので、細かい要望にも応えてくれる、設計事務所はデザイン性が高い、などの大まかな特徴はありますが、一概にどこに依頼すればいいかという基準もなければ、順位をつけることもできません。

それに、工務店でも経営状態が良く実績もあって、高い信頼がもてる場合もあれば、高いデザイン性を誇る地元のハウスメーカーや建設会社も、都内にも吉祥寺周辺にもたくさん存在しています。

工法やデザイン性を見極めよう

施工業者を選ぶときには、工法がとても大きなポイントであり、比較すべき点でもあります。業者によって採用している工法に違いはありますが、大別すれば、「木造軸組工法」「2×4工法」「軽量鉄骨」の3つに分けられますので、自分たちの希望する工法を採用していない業者は候補から除外することができます。

工法によってもデザイン性に違いが現れますが、業者ごとにそれぞれのカラーがあって、家の外装や内容のデザインが大きく異なることも少なくありません。

建築費用を落とすためには、凹凸がない真四角な建物にすればよく、凹凸を多くしたりアールと呼ばれる曲線を多用すれば、施工に手間がかかり、材料代もかさむため、どうしても建築費用は高くなります。それを理解した上で、自分たちの希望や予算に合ったデザインを提供してくれる業者を見つけましょう。

住宅の性能の違いで比較しよう

耐震性や耐久性や気密性は、住宅の性能を左右する大きなポイントです。住宅について調べていると、高気密・高断熱住宅や、最近では免振・制震住宅などという言葉をよく目にしますが、住宅の性能は大切な家を長持ちさせたり、地震や災害から守るための非常に重要な要素です。

気になった業者がいくつか見つかったら、細かい構造や性能の違いをカタログなどに記載されている数値などで比較してみれば、依頼すべき施工会社がみえてくるかもしれません。

アフターや保証面を確認しよう

高額な家の建設は、信頼できる業者でなければ任せることができません。大手ハウスメーカーであれば、保証面では確認するまでもなくしっかりしているので、その点では信頼するに値しますが、何かあったときにすぐに対応してもらえるアフター面が充実しているとは限りません。

アフターフォローでは、地元のハウスメーカーや工務店の方が優れているケースが多いので、保証制度とアフター面の充実度を総合的に判断して、依頼先を選択しましょう。

営業マンや担当者との相性も大事

信頼という面では、実際に打ち合わせをする営業マンや現場や設計の担当者との相性も重要になります。ハウスメーカーなどには、多くの営業マンや現場監督も在籍しているので、担当すする人間によって、相性が合わないケースもあります。

個人の工務店や設計事務所などだと、担当者を選択できない場合がほとんどですが、大手ハウスメーカーなどの家の工法や性能を気に入ったのに、営業マンなどとの相性が合わない場合は、担当を変えてもらうように希望してみるのも良い方法です。

まとめ

全国でも最も人気の高い住宅エリアである吉祥寺で家を建てるためには、小さくても坪単価の高い土地を手に入れなければならないため、必然的に住宅ローンの金額も高額になってしまいます。

その分施工業者の選び方を間違えたときは後悔も大きくなるので、吉祥寺で家を建てる前には、土地探しも含めてきちんと条件整理と情報収集と資金計画を立てて、建物の工法や構造やデザインなども可能な範囲で勉強して、アフターや保証もしっかりしている信頼できる業者に依頼しましょう。

TOPへ戻る