利便性が高くて人気!吉祥寺の不動産事情

利便性が高い吉祥寺の不動産

吉祥寺というと、「おしゃれで素敵な街」という印象の方も多いことでしょう。素敵なカフェやショップなど、歩いているだけでセンスの良い人になった気になれるこの街の魅力は、利便性の高さにもあります。

具体的にどんな利便性があるのでしょう。そして、そんな人気の高い街の不動産情報となればどんな状況なのでしょう。こうした疑問を含め、吉祥寺の人気スポットから不動産の情報まで詳しくご紹介しましょう。

 

吉祥寺はこんな街!

ハイセンスなお洒落タウンとして多くの方に愛される吉祥寺とはどんな街なのでしょう。そもそも、この街は江戸城門前町が大火に見舞われた際、家を無くした多くの方の移住先として開放された場所です。古くは、美しい川が流れその水を利用して水田が開墾されていた場所だったのですが、家を失った多くの町民の新たな住みかとして、宅地化された場所なのです。吉祥寺の名所でもある井の頭公園、その中にある井の頭池はその当時から、江戸の重要な水源として活用されていました。そしてこの地はその後も、例えば関東大震災、また太平洋戦争など、様々な悲しみに遭遇し、住処を失った人がこの地に集まり、暮らすようになりました。こうした吉祥寺は、多くの方が集まる居住地域となったのです。その後、東京の発展とともにこの地も大きく、機能的に利便性高く発展します。美しく整備された道路や街路樹、建物も雑然とした配置から、見通し良くおしゃれでハイセンスな佇まいにその様相を変化させていきました。

この地の発展には、この土地に暮らす人たち無くしてはあり得ませんでした。それは、現在も同じことであり、ご紹介した公園だけではありません。駅周辺には、新宿などの都心まで出向かずとも百貨店や量販店が林立し「欲しい」と思うものは、たいていが手に入る環境です。また、進学塾や大学などもあり、子供の教育としても利便性の高い環境にあるのです。子育てを検討するご家族におすすめの不動産が沢山ある環境にあります。また、駅周辺には機能的な不動産物件も多く、家族世帯でなくても、お一人暮らしの方にも住みやすい環境となっています。

これまでも、そしてこれからも、この地に暮らす人たちのために、利便性と機能性の高さを変化しながら柔軟に対応する街、それが吉祥寺といえます。この魅力こそ、この街が住みたい街ランキングの上位に居続ける理由であるとも言えましょう。

 

吉祥寺の戸建てのあれこれ

それでは具体的な吉祥寺の不動産物件をご紹介していきましょう。なお、先に注意事項を申し上げておきますが、この街は住みたい街ランキング上位に常連であるほどの人気があります。情報は常に変動します。具体的な不動産情報をご紹介しても、万が一、もう誰かのものになっている可能性もあるのです。そこで、こちらでは、こうした具体的なご紹介方法ではなく、実際に住んだ方からお伺いした魅力についてまとめてみました。

30代女性、未就学児2人とご主人との4人家族の方です。以前から戸建て住宅の購入を希望し、利便性の高い吉祥寺に住みたいと数年前から物件めぐりをしていたということです。実際に、希望の物件に出会えるまでの期間は2~3年程だったということです。たまたま古い物件が解体され、その地が2軒分売りに出されたのを知って、購入を決めたそうです。駅から25分という好条件の物件で、金額的には5,000万円を少し超える金額ということです。駅からの距離はありますが、比較的交通量が少ないこともあり、ベビーカーを押して道路を歩いていても危険を感じたことが無いということでした。また、少し歩くと広い公園がいくつもあるなど、子どもの遊び場として使える場所が多いのも魅力的であるそうです。東京なのに田舎のようなご近所づきあいもできて、居住を決めてよかったと感じているそうです。戸建て住宅に関して、2軒分に分けたこともあり、家の広さとしては46平方メートルとさほど広いものではありません。しかし小さな子供の泣き声や、足音など集合住宅では気になる騒音の心配がなく、ストレスなく子育てできているということです。

また50代男性ですが、この方は夫婦二人暮らしという家族構成で、古い中古物件を購入され、自分の手でリノベーションしようと戸建て住宅を購入されたそうです。吉祥寺駅からバスで36分の距離にあり、やや交通の便としては利便性が高いといえませんが、それでも憧れの戸建て住宅ということで楽しみにしていたそうです。自分でリノベーションするため、資材である木材や工具を注文したのですが、配送された材料を敷地内に運ぶ際、狭い道路や環境で苦労し、車両を駐車させる際にも近隣に迷惑をかけてしまったということでした。東京都内あるあるとも言えますが、工事関係の車両を利用する際、知らないで依頼すると運搬の際、周辺へ迷惑をかける可能性があります。とくに吉祥寺は場所によって道路幅が狭い環境もあるため、事前リサーチは必要と言えましょう。

 

吉祥寺のマンションのあれこれ

次にマンションのあれこれについてご紹介しましょう。マンションに関して調べてみたところ、自然多いこの地ならではともいえるのが「マンションの窓から緑豊かな環境が望める」という声が多いのです。井の頭公園周辺に暮らす方だけではなく、少し離れた環境にあるマンションにお住まいの方にもこうした声が多いというのが、この地の特徴であるようです。

その他としてリノベーションに関するものです。この地には特に、他の地域に比べて中古物件の不動産が多いこともあるため、常に新しいリノベーションの仕方、利便性の方向性を取り入れているマンションが多いというのです。従来のリフォーム、リノベーションというと、販売前に施工が完了し、その後新たな入居者に販売されるというスタイルだったのですが、近年では購入者の希望に合わせた施工を目的に、販売後の施工というのが主流になっているというのです。自分の好みに合わせて、使いやすさを考慮して不動産を購入したいというマンション購入希望者が増えている証拠と言えるようです。

そのほか地域のコミュニティーに関しても、新たな取り組みがなされているようです。これまでは町内会やマンション管理下などでした。そしてライフスタイルの違いなどから、このグループに所属できないと、住みづらさを感じるという問題も発生していた程です。しかし、この吉祥寺では、こうした定められた区画ではなく、自分の望むサークルやグループでの属性というのも増えているのです。1つの例としては、古くから存在するハーモニカ横丁のような飲み屋街で、常連として知り合った吉祥寺に住む者同士が年齢の幅を超えてSNSなどでつながり、夜の時間帯だけでなく、ときおり生存確認と称して集合したり、助け合ったりしているのです。違うマンションに住むもの同士でも、近隣で助け合うという精神が続いているといえましょう。新しい外観をもちつつ、古くから大切にされていたコミュニティーも守り続ける、利便性と温かさを大切にするこの街ならではの取り組みと言えます。

 

まとめ

ご紹介したように不動産としてだけの価値をふくめ、街自体の魅力や利便性の高さが、この街の人気を裏打ちしているといえるようです。とはいえ、人気の街というのは不動産物件も高額になりがちです。さらに利便性も高いとなれば、さらに高額は覚悟しておかなければならないでしょう。

とはいえ、これほど人気と利便性があり、かつ実際に暮らした人が魅力的に感じる街なのです。不動産として大きな魅力のある吉祥寺には、人生経験としても一度住んでみるのが、良いのかもしれませんね。

TOPへ戻る