リフォーム済みの中古戸建て物件ってどうなの?

中古の戸建て物件を購入しようと考えて様々な物件を見ると、リフォーム済みの表示が目につくことでしょう。リフォーム工事が終了していると聞くと、自分で工事をしなくても良いことがメリットに感じる場合もあります。マンションと違い、中古の戸建て物件には、販売前にリフォームを終わらせているものは多いのです。しかしリフォームが終わっていればすべて得なのかというと、実はそうでもありません。リフォームされていないからこそ得られるメリットもあります。

そこで、リフォーム済みのメリットとリフォームなしのメリットを比較しました。どちらが自分に適しているか、見比べてみましょう。

リフォーム済みのメリット

リフォーム済みの中古戸建て物件の一番のメリットは、まずリフォーム工事にかかる諸々がすでに終わっているというところです。まずリフォーム工事をするには、どの部分をリフォームするかという計画が必要です。そのためには、リフォーム可能な個所であるか確認もしなければなりません。これは期間や手間のかかる作業ですが、こうした手間が終了しているのは大きなメリットといえます。

とくに中古の戸建て物件となりますと、老朽化によって水回りの修繕や壁紙の張替え、耐震補強工事といった必要も生じます。どの部分がどの程度工事を必要としているのか、物件を購入した後に自分で確認し、業者を選定して取り掛かるとなると、途方もない手間に感じます。リフォーム済みの物件はこの手間がないため、場合によっては、購入後すぐに入居することも可能になるといったメリットも生じます。

リフォームなしのメリット

全ての工事が終了しているリフォーム済みの物件は、すぐに入居できますが、自分の思う通りのリフォームを得ることはできません。この点において、リフォームなしの物件は、自分の思う通りのリフォームが可能になります。

例えば中古の戸建て物件となると、築年数によっては間取りが古いタイプのものがあります。古い間取りは、現代のライフスタイルとは合わないことも多いものです。そうなると、せっかく住んでも利便性を感じづらいこともあります。この点、リフォームなしの物件は、自分のしたいように、ライフスタイルに合わせてリフォームすることが可能です。

さらにリフォームなしで中古の戸建て物件を購入した場合、自分の目で確認できるメリットもあります。この物件が実際にはどのような状態にあるのか、どの部分に修繕の必要性があるのかを目で見て確認できるということは、安全面に大きな影響を与えます。これから住む物件として、安全面は欠かせない問題でもありますから、大きなメリットとも言えましょう。

リフォーム済み物件の選び方

リフォーム済みの中古戸建て物件を選ぶ場合には、納得の物件を手に入れるためにいくつか注意するべきポイントがあります。

まず中古の戸建て物件の場合、リフォーム工事はその物件の問題点を改善した証です。どこが問題点だったのか、住む前に確認することは重要ですから、物件のリフォーム履歴を確認することをおすすめします。どうしてリフォームが必要だったのか、単に間取りを変化させるためだけではないのか、耐久性を知るために重要です。

加えて、リフォーム済みの物件でも、今後さらにリフォームする可能性も出てくる場合があります。こうした際にも、前回のリフォーム内容を把握しておくことで有効になる場合があるため、必要です。また、リフォーム工事されている場所は、目で見て確認することも忘れずに行いましょう。不動産会社だけからではなく、時には実際にリフォーム工事を行った業者や、近隣住民などにも聞いてみることで新しい発見があるかもしれません。

こうして得た情報は、その物件に住む上での安心感を得るために効果的です。

まとめ

リフォーム工事が終了した中古の戸建て物件には、見た目の美しさや清潔感といった魅力があります。すぐに住める環境なのもメリットです。しかし、工事がされていないからこそ見えるものもあります。こうしたメリット、デメリットを事前に把握し、物件を確認する際に活用することで、満足行く物件に出会う確率も高くなります。リフォーム済み物件を選ぶ際には、安心感と共に自分にとって暮らしやすいものかをも併せて確認しましょう。

TOPへ戻る