建売住宅と注文住宅の違いを徹底比較

建売住宅注文住宅01

新築の一戸建てが欲しいときには、一から土地を購入して家を建てる注文住宅と、すでに完成した家を購入する建売住宅という2つの選択肢があります。ほとんどの方にとって家は人生の中でたった一度の大きな買い物になるため、絶対に後悔はしたくないでしょう。

注文住宅と建売住宅には、それぞれに特徴があり、いろいろなメリットやデメリットがあります。ここでは、マイホームにどちらを選択すればいいか悩んでいる方たちのために、2つの違いを徹底的に調査して詳しく解説しています。

これを読めば、きっと自分たちに合った家が見えてくると思います。ご夫婦やご家族で意見が対立している場合も、きっとお役に立つ情報が満載なので、是非参考にしてください。

それぞれの特徴

まずは、建売住宅と注文住宅の基本的な違いについて紹介します。2つの違いが、それぞれの特徴ということになります。

建売住宅の特徴

建売住宅とは、その名の通りにすでに完成している建物が売りに出されている不動産商品を指します。すでに家が建てられているため、当然土地はセットで販売されていて、提示されている金額には土地も含まれています。

建物が完成する前に購入予約が受付けされることもありますが、販売価格はすでに決まっているため、家の間取りも仕様もその段階で確定しています。

建売住宅は、大規模な分譲地にまとめて建設されるケースも多く、まったく同じ家ではないにしろ、その場合は似通った建物になるのも大きな特徴です。ただし、建売住宅が一カ所にまとまって建設される場合は、交通の便が良く買い物や公共施設がたくさん集まっている、生活する上で利便性の高い場所が選ばれる傾向にあります。

注文住宅の特徴

建売住宅とは真逆で、家の設計や建築を一から行うのが注文住宅です。相続などですでに土地を所有していたり、古い家を建て替えたりする場合などは土地探しを行う手間はかかりませんが、そうでなければ土地探しからはじめなくてはいけません。

建売住宅と比べると、時間も手間もかかりますが、すべてを自分の意思で決められる自由があることが、最大の特徴でありメリットでもあります。

土地の大きさはもちろん、家の外装も内装も間取りも、使用する建材なども自分の好みで決められるため、家が完成したときの達成感と充実感は、建売住宅とはまったく違うものになるようです。

それぞれのメリット

注文住宅には、すべてにおいて自由度が高いメリットがありますが、建売住宅も含めて、その他にも良いところはたくさんあります。

建売住宅のメリット

建売住宅の最大のメリットは、何と言ってもマイホーム購入までの時間を短くできるところです。すでに建物が完成している場合は、早ければその日から住むことも可能です。

マイホームを購入する場合は、住宅ローンを組まなければいけない方が大半のため、即日入居は大げさだとしても、ローンの審査をパスできれば、引越しの準備を開始することができます。

つまり、マンションや中古の一戸建てを購入するのと資金の流れは同様で、建売住宅は購入手続きが全体的に簡単なことが大きなメリットです。

また、土地探しや設計を一から行わなければいけない注文住宅とは違い、すでに建てても良い場所に家が建設されていることから、当然敷境界も明確にされていて、土地や建築条件などでトラブルが起きる心配は無用です。

今すぐに家が欲しい、土地探しや家の設計や施工業者との打ち合わせに忙しい時間を取られたくない方には、建売住宅が向いています。

注文住宅のメリット

こだわりの家が欲しいという方にとって、すべてを一から行うことができる注文住宅は唯一の選択肢です。

すでに家が完成している建売住宅だと、自分が気に入ったテイストで家造りを行うことは不可能で、お好みのハウスメーカーや工務店や設計事務所を利用することもできません。しかし、注文住宅では知り合いの設計士や水道工事業者、電気工事業者などを指名して分離発注することも可能です。

設備や建材以外にも、工法などにもとことんこだわり抜いた家を建てることができることも、注文住宅を選択する大きなメリットです。

工期やコストの違い

建売住宅注文住宅02

工期は圧倒的に建売住宅が短い

一般的に入居までにかかる期間は、建売住宅の場合は約1ヶ月で、注文住宅は6~12ヶ月と圧倒的に建売住宅が短くなっています。

まだ建物が完成していないケースでも、建売住宅の予約販売が開始されれば、4ヶ月ほどで入居可能です。

一方注文住宅の場合は、土地がすぐに見つかって、設計を含めた施工会社との打ち合わせがスムーズにいったとしても、マイホームの購入を決めてから最低半年は必要となります。その上、マイホームを購入する場合は、ほとんどの方は予算が限られているため、土地と家にかけられる費用の配分を決めるだけでも時間がかかり、何を決めるにも常に迷いながらの行動・作業を強いられるため、全工程に1年以上要するケースも珍しくありません。

コストは建売住宅が割安になる傾向に

注文住宅では、すべてを自由に決められることから、土地の購入にも建築にかけられる費用にも限度はありません。これに対して建売住宅は、購入する物件はたくさんの候補から選ぶことができますが、いずれもすでに販売価格は決まっているため、必然的に購入費用に制限が設けられています。

さらに、建売住宅は土地開発のためにプロジェクトされることが多く、販売する側はできるだけ利益を出すために、建築資材をまとめて購入しています。そのため、分譲地には同じような家が建ち並ぶことになり、設計も工法も建築も効率的になされることから、建築費用も割安になる傾向にあります。

間取りや家のイメージ

建売住宅注文住宅03

間取りの自由度は注文住宅が高い

自分で自由に設計から携わることができる注文住宅は、当然間取りの自由度は建売住宅よりも高いです。住宅展示場や専門雑誌を事前にたくさん見ることにより、理想の家造りの実現に近づけることができます。

すでに完成されている建売住宅の場合は、好みの間取りの家を選ぶしか手段はありませんが、売主側も売れ残りがないように、購入者側の要望を満たすため多くの人たちのニーズを徹底的に調査して家造りを行っていることから、自分たちの希望に合う間取りの住宅を見つけられる可能性は非常に高くなっています。

入居後のイメージをしやすいのは建売住宅

こだわりが強く、こんな家にしたいという確固たるイメージがある方なら、注文住宅を選択して理想の家造りをすればいいわけですが、漠然としたイメージしかマイホームにもっていない方には、すでに家が完成している建売住宅の方が、これからそこでどのような生活を送るかのイメージはしやすくなっています。

建売住宅には、購入者が気に入るような気配りが数多くなされていて、日当たりや風通しなどの素人がなかなか気づかないような細かい点にも配慮が行き届いています。

もちろん注文住宅でも、家造りを依頼する施工会社の選択を間違えなければ、自分たちがそれらの点を見逃したとしてもきちんとサポートしてもらえますが、すべての業者にそれを望むことはできないので、家が完成した後でウィークポイントに気づいて後悔してしまうことも良くあります。

まとめ

マイホームを購入することは、長い人生の中でも最も大きな仕事の一つです。2つの選択肢である建売住宅と注文住宅には、それぞれに様々な特徴やメリット・デメリットがあって、そこで暮らす人によって生活の快適さは変わってきます。家選びで後悔しないためには、事前にできるだけ多くの情報を集めて比較検討することです。

どんな家を手に入れても、長く生きていれば気持ちやライフスタイルに変化が起きることは当たり前ですが、下調べをしっかり行うことにより、自分たちに最適な家が見つかる可能性を確実にアップさせることができます。

TOPへ戻る