セミオーダーが得意な住宅メーカーの見分け方

住宅を建てるにあたってチェックすべきポイントは多々ありますが、ここではどんな家を作りたいかという部分にメーカーがどう対応してくれるかを確認しましょう。ポイントをチェックした上で、セミオーダーが得意かどうかを見極めてください。一生のうちで何回もない大きな買い物だと思いますので、妥協せずに良いメーカーさんに依頼したいですよね。そのために見分け方を簡単にまとめましたので見ていきましょう。

希望をしっかり聞いてくれるか

セミオーダー住宅は、自分や家族の希望を住宅に反映できることが大きな魅力です。なので、希望をしっかりと住宅メーカー側に伝える必要があります。依頼者側は、あまり専門知識や経験がないのは当然で、住宅メーカーとの話し合いもほとんどの方が慣れていません。そんな状況で、自分たちの希望を的確に全てしっかりと伝えることは難しいですよね。

そんな時にこちらの様子を汲み取って、メーカー側から希望を聞き出してくれると、とても助かると思います。素人ではわからなかった部分で、気が付いていない箇所などの希望も聞いてくれるようなメーカーさんですと、とても信頼できるのではないでしょうか。話し合いの中で親切に隅々まで希望を聞いてくれるか否かは、メーカーを選ぶ上でとても大切なことです。

また、要望をしっかりと伝えた上で、その要望をできるだけ叶えようとしてくれるかどうかも重要です。例え叶わなかったとしても、できるだけ近づけようとしてくれる姿勢を見ることができれば信頼度はかなり上がります。一生に一度の買い物かもしれない大きな買い物ですので、メーカー側の本気度が見られないと、なかなか信用することはできません。また、自社のおすすめばかりを提案してくる場合は要注意です。

できることできないことを納得させてくれるか

注文住宅には、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅があります。フルオーダーの場合、依頼者がほぼ全ての項目を決定しますので、全てを自分の思い通りにすることができます。しかし自由度が高い分、フルオーダーでは時間や費用、専門知識が必要となります。

セミオーダーの場合、基本的な間取りや設備に関する部分はあらかじめプランなどが決められています。そのため、希望していても「できること」と「できないこと」が出てきてしまいます。「できること」であれば、伝えて対応してもらえば良いですが、「できないこと」の場合、ただ「できない」と言われるだけでは納得できないケースも出てくるかもしれません。依頼者が納得できるように、わかりやすく丁寧に根気よく説明してくれる住宅メーカーは信頼できると思います。

依頼者のほとんどは住宅建築に関する知識をあまり持ち合わせていないことも多く、なぜ「できない」のかが理解できない場合もあるでしょう。そのため、当然さまざまな疑問も出てきます。その疑問を面倒と思わずに、誠実に答え、適切な対応をしてくれるかどうかは見極めの大切なポイントです。もし、メーカー側の回答に納得ができないようであれば、何度でも聞いて確認してみてください。

思いがけないアイディアがあるか

セミオーダーでは希望通りにならなかった場合でも、住宅メーカー側がそれに変わるような思いがけないアイデアを出してくれることもあります。仕方ないと諦めていたことでも、プロ目線での的確な代替案があれば、完全な希望通りとはいかないかもしれませんが、自分たちが考えていた以上に良い結果になることも考えられます。

このような代替案は、これまでの経験に裏付けられていなければできないでしょう。そのため、経験豊富なスタッフがいることの証拠にもなりますので、信用できるメーカーと言えると思います。その他にも、自分たちでは気付かなかった部分のアドバイスをしてくれるメーカーも、信用できるメーカーのポイントとなります。

まとめ

セミオーダー住宅を依頼するのにおすすめの住宅メーカーのポイントを見ていきました。注文住宅を建てるには、住宅メーカーとの連携が必須です。しかし、メーカーの中でも経験が少なかったり、対応が良くなかったりするケースも少なくないようです。

自分に合った良い住宅メーカーを探し、生活をしやすい素敵な住宅を作りましょう。大切な家作りのパートナーを慎重に選ぶための参考にしてみてください。初めての住宅購入では分からないことも多いと思いますが、積極的に自分の希望を伝えることが大切です。

TOPへ戻る