東京で家を建てるのに適した土地の広さは?

東京家土地1

マイホームをもつためには土地が必要となり、もちろん誰もが広い土地に家を建てたいと思うことでしょう。しかし、東京の都心部では1坪当たりの土地の値段が数百万円以上するのが当たり前なので、一般市民が東京で広い土地をもつことは難しいのが現実です。

ここでは、東京で一戸建てをもちたい方のために、注文住宅を建てるために必要な土地の広さや、希望の土地を見つけるための方法などを紹介しています。

家は一生の中で一番大きな買い物になる可能性が高く、生涯お世話になるかもしれない大切な財産なので、購入前にきちんと適切な土地の広さを把握して、選択に妥協することなく、自分たち家族にとってベストな土地を見つけて、希望通りのマイホームを建ててください。

建ぺい率と容積率を知ろう

マイホームを建てるためには土地が必要になりますが、宅地には必ず建ぺい率容積率という家を建てるための上限が定められています。

建ぺい率・容積率とは

  • ・建ぺい率=建築面積÷敷地面積×100
  • ・容積率=延べ床面積÷敷地面積×100

上記が建ぺい率と容積率の計算式です。

敷地面積に対する建築面積の割合、つまり、土地に建物が建っている部分の面積の割合を示したものが建ぺい率で、敷地面積に対する延床面積の割合を示したものが容積率です。延床面積とは2階建ての家であれば1階部分と2階部分を合算した床面積で、3階建ての場合は、1階から3階まですべて合わせた床面積を指します。

どんな土地でも、面積一杯に家を建てることはできないようになっていて、一般的な住宅地である低層住居専用地域の場合、建ぺい率は30~60%容積率は50~200%の間で上限が決められています。

つまり、家を建てるために購入した土地には、最高でも6割以下しか建物を建ててはいけなくて、土地全体に占める延べ床面積も土地の2倍以下の広さに収めなければいけないことが、法律によって定められているということです。

4人家族向けの土地の広さは

家を建てようと思うのは、ほとんどが結婚して家族ができたときです。少子化と核家族化が進んでいて、近頃では3人もしくは4人家族が増えていることから、マイホームを建設する多くの方が4人家族を想定した家造りを行っています。

4人家族に適した土地の広さは125㎡

土地は広ければ広いほど大きな庭もつくれるし、車も何台でも駐車できるので都合が良いわけですが、特に東京では土地の値段が驚くほど高いため、家の購入費用を抑えるためには、土地の部分をできるだけ節約することが必要になります。

どうやって4人家族に適した土地の広さを把握すればいいの?と頭を悩まされる方も少なくないと思いますが、実は国土交通省が発表している「住生活基本計画」の中には、戸建て住宅の世帯人数ごとの土地の面積の目標値がきちんと定められています。

そこには、単身者は55㎡、2人以上の世帯の場合は、25㎡×世帯人数+25㎡と記されています。

これを4人家族に当てはめると、25㎡×4人+25㎡=125㎡となり、坪数に置き換えるとおよそ38坪となります。4人家族に最適な3LDKもしくは4LDKの間取りは、建ぺい率と容積率を考慮しても、余裕をもって実現することができるようになっています。

首都圏の敷地面積の平均値は約52坪

気になる東京で家をもつために必要な土地の広さですが、住宅金融支援機構の「2018年度のフラット35 注文住宅融資利用者の主要指標」※によりますと、首都圏の敷地面積の平均値は171.3㎡で、坪数に置き換えると約52坪となっています。

4人家族に適した敷地面積が125㎡なので、十分な広さとなっていて、東京でも家を建てるのに満足いく広さの土地をもてることがこれにより証明されています。

※「2018年度のフラット35 注文住宅融資利用者の主要指標」はこちらから

庭と駐車場の広さ

東京家土地2

4人家族であれば、125㎡を目安に土地探しをすればいいことが分かりましたが、「マイホームには広い庭が欲しい」「ガーデニングや家庭菜園を楽しみたい」「ペットのワンちゃん用のドックランが欲しい」「ゲスト用の駐車スペースを設けたい」などの様々な希望があると思います。

これからの希望を実現させるためには、庭と駐車場にどの程度の面積が必要になるのかを、事前に把握しておかなければいけません。

ちなみに、車を一台駐車するのに必要な面積は9㎡(約2.7坪)で、30坪の土地に2階建ての家を建てた場合は、駐車スペースとして2~3台分程度はとれると言われています。これを目安に、それぞれが必要な庭の使い方を考えて、後悔しない土地選びをしてください。

土地がなかなか見つからない理由は

地方では1坪数万円~数十万円で購入可能な土地も、東京の都心ともなれば百万円単位、場所によっては一千万円以上もするため、家を建てるための土地を簡単に決めることができないのは当然です。

それに、一生住むかもしれないということから、今後の地域の発展状況、駅からの距離や学校や病院などの生活必需施設やショッピング施設の充実度、暮らしやすい周辺の環境なども考えると、予算に合った土地を東京で見つけることは容易なことではありません。

さらに、東京オリンピックの開催による再開発の活性化や、消費税の増税などによる土地の需要の高まりから、利便性の高い土地は価格が高騰したばかりではなく、一部のハウスメーカーや不動産会社などによって買い占めが起こり、一般の方には理想の土地が手に入りにくい状況が、2020年時点でも継続しています。

上手な土地の見つけ方

地方では空き家問題が深刻化していて、少子高齢化によって土地がどんどん余っていますが、人が多く土地の需要が高い東京では、古い空き家を相続しても、都心部ではそのまますぐに買い手が付くという、地方の人たちからすれば羨ましい状況が、今後もしばらく続くことが予想されます。

特に都内で需要が高い人気の土地の情報は、不動産会社などの専門業者へ優先的に入るようになっています。したがって、利便性が高く環境の良い土地を手に入れるためには、不動産会社を利用することが必須となっています。

不動産会社はどこを選んでもいいということではなく、できるだけ多くの情報をもっている信頼できる会社でなければいけません。

情報量が少ない不動産だと、何とか契約を成立させようと、自分たちがもっている情報の範囲で無理やり決断を急がせてきます。ろくに条件も聞かないで契約を進めようとするような会社とは、取引をしない方が賢明です。

求めている土地の条件にしっかり耳を傾けてくれて、それに合った複数の候補を提示してくれる不動産会社を選択しましょう。すべての条件を満たす土地を手に入れることは難しいので、条件に優先順位をつけて、それを明確に信頼できる不動産会社の担当者に伝えることが、理想に近い土地を手に入れるポイントになります。

まとめ

東京家土地3

マイホームを建てるときに、4人家族に適した土地の広さは125㎡、坪数でいえば約38坪であることが、国がすすめる生活基本計画の中で示されています。土地代が全国一高額な東京でも、首都圏の敷地面積の平均値は約171㎡という結果で、それを大きく上回っていることから、一般市民でも満足して暮らせる家を建てるだけの土地を手に入れることは可能となっています。

予算も含めて条件に合った土地を手に入れるためには、信頼できる不動産会社に協力してもらうことが必要です。自分たちが希望する条件に優先順位をつけて、それを明確に伝えることにより、満足して生活できる土地はきっと手に入ります!

TOPへ戻る